花 音 日 和


test

                         

Information
         
Category
        
Exhibition
        
Artist
        
Contact
         

New photo book

花音 旅する植物


花音「旅する植物」が嬉しいことに先日の展示会で完売したので増刷しました。
植物の歴史や背景を知った時に植物を見る目が変わり、そんな面白く思ったことを1冊にまとめたものです。
ほぼ勢いで作った本ですが、沢山の嬉しい感想を頂きました。
ありがとうございます!
もしよろしければオンラインショップで取り揃えていますのでチェックしてみてください。

------------------------------

花音(はなね)の作家 Tei Kobashiの絵のルーツとなる、自然豊かな兵庫県加東市の暮らしの中で一年を通して撮影した記録です。
今回は「旅する植物」をテーマに、帰化植物といわれる遠い国から運ばれてきたもの、時を超えて旅をしてきた史前帰化植物など、
植物の背景に目を向けた内容になっています。
そこには人の歴史も深く関わり、様々な環境に適応してきた植物の逞しい姿、生命の尊さを感じました。
また、この本を作りながら大きな歴史の流れが見れたのも面白かったです。
日本書紀、枕草子、万葉集に記された植物の他、薬草や食、染料としての歴史は古く、
江戸時代から園芸ブームがあり鑑賞用として海外から多くの植物が導入され、
明治時代にかけて品種改良が盛んに行われてきたことなど。

そして植物は、独占欲が強いものから環境にやさしいもの、曲者から高貴な存在のものなど、色んな役者が勢ぞろい。
かなりドラマチックです。
是非、色んな角度から植物を見て楽しんで頂けたらと思います。



  1. 2024-03-09 / Category
  2.   花音の背景     
| Home |




Tei Kobashi

Tei Kobashi
衣を通して心のつぼみに「花」が咲くような想いになれたら。「音」が響き渡るように伝わることができたら。人肌そしてハートに近い「T-shirt」。肌感覚で身にまとって「Living」。世界でたった一つの大切な個性があるからこそ、自分だけのオリジナルで生活を楽しく優雅にできることを願って。

List






Instagram Facebook Facebook X Youtube  



Login