花 音 日 和


Information    Exhibition    Online Shop    Artist    Contact

The New York Times

The New York Times



36 Hours in Osaka, Japan

Friday
Acquaint yourself with a little-known side of Osaka in Nakazakicho, a rare neighborhood of narrow lanes and wooden houses that survived the air raids of World War II and decades of urbanization that followed. Now innovative locals have transformed many long-neglected buildings into creative spaces like Salon de Amanto, an artist-run cafe and community center that hosts lectures and performances in a creaky tenement from the 1880s. Around the corner, wade through piles of vintage clothes and kitschy zakka (life-improving miscellany) at Green Pepe. Scope out contemporary art exhibits at Atelier Sangatsu, a gallery beside a colorful graffiti wall. Shop for wearable art at Hanane T-shirt Living, or scoop up rare Care Bears from the wacky collection at Select Shop Tenten. Finally, recharge at Utena Kissaten, a retro coffee shop in a well-preserved traditional wooden house.
金曜日
Nakazakichoには、第二次世界大戦とそれに続く数十年にわたる都市化の空襲から生き残った、狭い車線と木造住宅のまれな地区である大阪の知られていない側面に身を任せてください。 今や革新的な地元の人々は、長く忘れ去られた多くの建物を、1880年代の騒々しい会場で講演や公演を主催するアーティストが運営するカフェやコミュニティセンターのSalon de Amantoのような創造的な空間に変貌させました。 角を回って、ヴィンテージの服を重ね、グリーンペペ(Green Pepe)でキッチン・ザッカ(kitschy zakka)(ライフ・ライフ改善雑貨)を散策しました。 カラフルな落書きの壁の横にあるアトリエ・サンガツ(Atelier Sangatsu)の現代美術展を紹介しましょう。 HananeのTシャツでウェアラブルアートを購入したり、セレクトショップのTentenで気に入ったコレクションから希少なケアベアを拾いましょう。 最後に、よく保存された伝統的な木造家屋のレトロコーヒーショップであるUtena Kissatenで充電します。



ニューヨークタイムズが大阪の観光スポットの一つとして花音の店を紹介してくださいました。
Tシャツというアイテムを通じ、国境を越えて肌感覚で絵を共感できて嬉しいです。
  1. 2017-11-27 / Category
  2.   メディア紹介     
| Home |



Tei Kobashi

Tei Kobashi
衣を通して心のつぼみに「花」が咲くような想いになれたら。「音」が響き渡るように伝わることができたら。人肌そしてハートに近い「T-shirt」。肌感覚で身にまとって「Living」。世界でたった一つの大切な個性があるからこそ、自分だけのオリジナルで生活を楽しく優雅にできることを願って。

Category






Instagram Facebook Facebook X Youtube  



Login