花 音 日 和


test

                         

Information
         
Category
        
Exhibition
        
Artist
        
Contact
         

Goldfish

花音 手描きTシャツ 金魚

タイダイTシャツに描きました新作の金魚です。
今までの花音には無かった金魚の角度を捉え、流れるような曲線美にこだわりました。


花音 手描きTシャツ 金魚

こちらは展示会案内での作品になります。
タイダイ模様の面白さを活かすように透明感にこだわり、
波紋を入れて涼し気さを演出しました。
また、金魚に影を入れて立体的にし、水面からの奥行感を出しています。

タイダイTシャツは、一枚ずつ模様が違うので、
余白の趣もそれぞれ違って楽しむことが出来ます。
  1. 2021-05-29 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Moon Jellyfish

花音 手描きTシャツ 海月


銀の塗料の製造方法が変わり、
キラキラ感が増した代わりに不透明感が無くなってしまいましたが、
この透明感を利用してミズクラゲを描いてみました。
このミズクラゲを漢字で書くと"海月"
英語では"Moon Jellyfish"と呼ぶそうで、
お月さまを連想させるのはどこも同じでとても情緒的に思います。
今回フォレストという地色に銀と白を使って描きました。


  1. 2020-06-26 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

タコTシャツ

花音 手描きTシャツ タコ

花音 手描きTシャツ タコ


新作のタコTシャツです。
今回は銀一色で吸盤を一つずつ立体的に表情をつけて描きました。
前から後ろ身頃へと図柄が繋がっています。

今年はタコの展示会”タコテン”の開催を見送ることになりましたが、
7/2のタコの日を迎えるにあたって、
こんどの展示会場でタコの新作を飾って気持ちだけは盛り上げたく思います。
  1. 2020-06-14 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Moon Jellyfish

手描きTシャツ 海月


花音で人気のブルーシリーズにクラゲを新作で追加しました。
多色のブルーを使って幻想的に表しました。
  1. 2019-09-25 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Octopus Jacket

タコジャケット


裏仕事でライダース・レザージャケットに描きましたタコ。
シルバーの吸盤がスタッドのようで、ロックな雰囲気を出していて
面白い仕上がりになりました。
たまに異素材に描くのは刺激になります。
花音と言えばタコというイメージになりつつある今日この頃です。

※店の運営上、衣類を持ち込みでのオーダーは承っておりません。ご了承ください。

  1. 2019-05-12 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Octopus 2018

手描きTシャツ タコ


7/2から花音で始まりますタコの展示会”タコテン”用に描いた新作です。
今回は優雅に伸びやかなタコをイメージして構図を大きくとり、
吸盤部分は金を少し混ぜたグレートーンで地色に合わせました。
ほんのりと抜染色を活かしたシックな仕上がりです。
  1. 2018-06-29 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Dragon Fish

手描きTシャツ アロワナ


スモークブラック地に描いたアロワナ。
2009年に描いたオリジナル作品のリメイクとなります。
今回は輪郭線に金を用い、抜染での色が綺麗かったので、
抜き色を活かして鱗の美しさを表しました。
同じように描きながらも少し手を加えて変化させることで、過去に比べてより質感が出ています。

  1. 2018-05-28 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Goldfish

手描きTシャツ 金魚

金魚のフォルムと鱗を金のラインで表し、そこに着色抜染を用いて描きました。
斑点模様には銀を使っています。
こちらの地色は黒を少しくすませた、スモークブラックという新色になります。
黒とはまた違った味わいがあり、地色に馴染むように赤が映えます。


手描きTシャツ 金魚

以前、淡い地色にモノトーンで描いていた作品を、今回は黒地に着色抜染で描きました。
こちらの斑点模様は白を使い、黒地に赤と白のコントラストが効いた渋めの作品です。


  1. 2018-05-11 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

海月の道

手描きTシャツ 海月の道 2017


「海月の道」
満月に月明かりで出来る“月の道”に、海月が幻想的に輝く様子を絵描いた、”月”と”海月”を重ね合わせた作品。
前身頃は海月の浮遊感を出すように縦の配置で、後ろ身頃は背筋に沿って月の道がくるように構成しました。
今回初めて、ディープパープルというTシャツの地色を使いました。抜染の色合いがよく合います。

明日から始まりますAQUA展に出展の作品です。
AQUAさんの3周年を記念して、今までにAQUAさんで展示をされた作家さん66名が、
AQUAをテーマに1点ずつ作品を持ち寄っての展示会です。
様々な視点で楽しめる展示会であります。私は店の都合で在廊していませんが、是非ご覧ください。
  1. 2017-05-29 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Octopus Jacket

Octopus Jacket


タコの展示会”タコテン”の時に描いていたレザージャケットです。
帝塚山にあるGallery & Darkroom Lime Light さん使用になります。

  1. 2016-07-09 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Octopus Revolution




Tシャツは、着てもらって初めて作品が完成と思っているのですが、
なかなか着姿を見る機会がなく、こうして着写真を頂くと嬉しいです。
インターコンチネンタルホテルのコンシェルジュ Asako Onoyamaさんが友人にプレゼントをされた時の写真です。
Onoyamaさんご夫妻には、いつもお世話になっていて、
お客様へ花音Tシャツをご紹介を頂き、海外の方にも広がりつつあり嬉しい限りです。

そしてタコブームも密かに広がりつつあります。


手描きタコ ポロシャツ

こちらは、ポロシャツに描きました。
ポロシャツにリアルなタコは珍しく、インパクトがあります。
Tシャツのみならず襟付きが好みの方にはポロシャツがおすすめです。


テコテン


  1. 2016-06-16 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

海のシリーズ

ヒョウモンダコ 手描きTシャツ

明日から花音のギャラリースペースで始まります、
「大きな海の小さな物語」吉田 絵美さんの作陶展に合わせて、
Tシャツも海のシリーズを少し増やしました。
こちらはヒョウモンダコという猛毒を持つタコです。
オリーブグリーンにカラフルな色がよく映えます。
この青色は顔料に光が当たって反射するように3回色を重ねて描いています。


トゲチョウチョウウオ  手描きTシャツ

チャコールグレーにトゲチョウチョウウオ。
鮮やかさが際立つように、今回は少し落ち着いた地色を使ってみました。

  1. 2016-03-25 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

Octopus Jacket

手描きレザージャケット タコ


Gallery & Darkroom Lime Lightのオーナーの兒嶌さんにイベント用で描きましたタコのレザージャケット。
黒には色が乗りにくいので、一度不透明色の銀に赤を混ぜたものを下地に塗り、
その上から赤を重ねることで独特の色味をもって表しています。
レザーの渋さにタコがいい味を出しています。


  1. 2016-02-04 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

タテジマキンチャクダイ アゲイン

手描きTシャツ タテジマキンチャクダイ


オーダーでライトブルーの地色に描いたタテジマキンチャクダイ。
オリジナルデザインで、元々はライトブルーに描いていたのが失敗してしまい、
Tシャツのストック状況により急遽サンドカーキーに地色を変えて描いていたのもあって、
ライトブルーでのオーダーを頂いた時には、再び巡り合ったような気持ちで嬉しかったです。
お客様のお陰で再現することが出来ました。
鮮やかな黄色と青色に元気がでそうなTシャツです。
  1. 2015-07-27 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

ユニークな魚のTシャツ

手描きTシャツ モンツキカエルウオ

モンツキカエルウオ。
何とも言えない可愛さ、密かに人気です。


手描きTシャツ タテジマキンチャクダイ

タテジマキンチャクダイ。
鮮やかな黄色と青色が目を引きます。

只今開催中のTei Kobashi Ocean T-Shirt Collectionで、会場のAQUAさんでは
ダイバーのお客様も多いとのことで、いつもの花音には無いモチーフも取り入れて描いてみました。
  1. 2015-07-01 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

クラゲTシャツ

手描きTシャツ アカクラゲ

独特の艶かしさと美しさを持つアカクラゲ。
前身頃から後ろへと体1周繋がっている長い触手を流れるようにデザインしました。
細く赤い触手には金を混ぜているので光の加減でキラキラと光ります。


手描きTシャツ クラゲ

手描きTシャツ クラゲ

手描きTシャツ クラゲ

淡いブルー系の地色に白で描いたクラゲ。
一見分かりにくいですが、顔料が光に当たると図柄が浮き出ます。
さりげなさが粋な感じです。
このTシャツのボディは残念ながら廃盤になってしまったので現品のみとなります。
  1. 2015-06-27 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

アジTシャツ

手描きTシャツ アジ


花音初のアジTシャツ。
岩の隙間から光が射す海をデザイン化し、光に向かって泳ぐアジの群れをイメージして描きました。
ブルーが爽やかな斬新な作品です。
  1. 2015-06-24 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

様々な海のドラゴンTシャツ

手描きTシャツ ウィーディーシードラゴン

こちらはウィーディーシードラゴンという魚。
MAMI DIVERS' CLUBのインストラクターの方からオーダーを頂いて描きました。
毎年誕生日にと、花音の店を始める前から長年お世話になってます。
いつもありがとうございます!
着色抜染ならではの、紫に黄色と赤が映える鮮やかで元気の出そうなTシャツです。


手描きTシャツ ウィーディーシードラゴン

もう一枚のこちらは花音オリジナル作品です。
抜染の濃淡が綺麗かったので、あえて着色せずに脱色のみでシンプルに表現しました。
リクエストに応じてカラフルに着色することもできます。


手描きTシャツ リーフィーシードラゴン

こちらはリーフィーシードラゴン。
波に漂う海藻のようにカモフラージュして泳ぐユニークな姿が面白くて描きました。
  1. 2015-06-21 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

マンタTシャツ

手描きTシャツ マンタ

手描きTシャツ マンタ


花音で密かに人気のマンタTシャツ。2015年バージョンです。
黒い斑点模様が特徴のオニイトマキエイ。
透き通る光の中を優雅に泳ぐ姿をイメージして描きました。

  1. 2015-06-19 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

ウミガメTシャツ

手描きTシャツ ウミガメ

手描きTシャツ ウミガメ


ウミガメが浅潮のキラキラと波模様が輝く中を泳ぐ姿をイメージして描きました。
花音の定番とするモチーフの一つで、タイマイというウミガメ。
今回はシティーグリーンの地色を使って、全面にデザインしたものと半身にデザインした2パターンを作りました。
アクセサリーを含めて明るいカラーのものとコーディネイトしやすい、少しシックな中間色のTシャツもオススメです!
  1. 2015-06-16 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

ツバメウオTシャツ

手描きTシャツ ツバメウオ


ミカヅキツバメウオの群れ。
以前にも花音でありましたモチーフですが、今回はアクアという色のTシャツに
体一周柄が繋がるようにデザインしました。
実物は全体的にもう少し青味なんですが、どうしても撮影がうまくいかず、
光の具合もあって何故か昭和レトロっぽい感じです。

夏はやはりボーダー柄Tシャツ !?
  1. 2015-06-11 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

イルカTシャツ

手描きTシャツ イルカ

手描きTシャツ イルカ


波模様を照らして泳ぐハンドウイルカの群れ。
  1. 2015-06-07 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

タコTシャツ

手描きTシャツ タコ

浮遊するタコの群れ。
花音では密かに人気の高いモチーフで、久しぶりの新作タコTシャツです。
今回初めてシティグリーンという地色に描きました。
着色と抜染の両方が映える色のTシャツで、今までには無い斬新さがあります。


手描きTシャツ タコ

6/23から和歌山県で始まります、Ocean T-Shirt Collection 展の案内に使った作品です。
青い海のイメージからは離れますが、花音ならではの独特の味を持った海Tシャツは他には無くオススメです!
  1. 2015-06-01 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

クラゲTシャツ

手描きTシャツ クラゲ


引き続きブルーを効かせたシリーズでのクラゲTシャツ。
花音ではお馴染みのクラゲですが、今回はクラゲの透明感が出せたらと部分的に絵描き、
海に溶け込むかのようなイメージでデザインしました。
  1. 2015-05-30 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

シロナガスクジラTシャツ

手描きTシャツ クジラ


ブルーの色に拘ってシンプルに描いたシロナガスクジラTシャツ。
インディゴという色のTシャツに着色抜染でブルーを効かせたシリーズです。
  1. 2015-05-28 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

ウミガメTシャツ

手描きTシャツ ウミガメ


何度か以前にも描いていたウミガメTシャツ。
元々は2013年のオリジナルで、花音の中では人気の作品です。
今回はインディゴという色のTシャツにリメイクしました。
地色が変わるだけで雰囲気が大きく変わり、地色の色に着色抜染したブルーがアクセントとなって良く映えます。

Tei Kobashi Ocean T-Shirt Collection では、このインディゴにブルーを効かせた作品を何点か出す予定です。
どうぞお楽しみに。
  1. 2015-05-26 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

リュウキンとデメキン

手描きTシャツ リュウキンとデメキン


花音では珍しいブラウン地に、清涼感のある竹にリュウキンとデメキンの作品。

こちらのブラウンのTシャツは、来週行います手描きTシャツワークショップで使います。
このような感じでTシャツの色が抜けていき絵を描くことができます。
参考に出来たらと思い、今回は着色をせずに抜染のみで表しました。
よろしければ、是非イベントの方もチェックしてみてください。
【3/6(金)-3/11(水)開催、手描きTシャツワークショップ】
  1. 2015-02-25 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

さよならジップジャケット




オーダーで描きましたクラゲジャケット。
花音ではおなじみのクラゲですが、カラフルにとのリクエストで今までにない味があります。
海月、Moon Jellyとも呼ばれ、その美しい呼び名に兼ねてお月さまもワンポイントで入れました。
こちらのジャケットはメーカーの在庫限りで廃盤となります。


  1. 2014-11-08 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

タコとヴァイオリン

タコとヴァイオリンシャツ タコとヴァイオリンシャツ


アルゼンチンにお住まいのヴァイオリニストの方から、
ステージ衣装にしたいとのことで、襟付きシャツに描いた作品です。

女性に絡み吸い付き、バッサークレメンツのヴァイオリンを奏でる蛸。

ヴァイオリンのヘッド部分には、顔が彫られているのが面白いところで、ヴァイオリンの音色を想像するとドラマチックです。
葛飾北斎さんの「海女と蛸」の作品を連想をさせますが、春画に楽器が入ることで
また別の艶味が加わり、私は女性に対してオス蛸を用いて表現してみました。

海を越え、絵を通じて繋がり合えることに嬉しく思います。ありがとうございました。


タコとヴァイオリンシャツ

  1. 2014-07-24 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

金魚の女王

手描き トサキンキャミソール 手描き トサキンキャミソール


渋め路線のキャミソール。土佐錦魚(トサキン)。
金魚の女王と称される高知県の天然記念物でもあり、扇のように広がる尾びれが綺麗です。
美しいフォルムが引き立つよう、抜染の濃淡を活かしてシンプルに表現してみました。

土佐錦魚が体をねじったところや、段差になった体の膨らみに沿って
鱗の配列が変にならないように描くのに、細かすぎて布に下書きが出来きず、
一発勝負だけに気を張りました。
いつか高知県でも展示会をしてみたいな。
  1. 2014-07-15 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     

幸運のウミガメTシャツ

手描きTシャツ ウミガメ 手描きTシャツ ウミガメ


新作のウミガメTシャツです。着色抜染で黄緑色に描きました。
こちらも花音では人気のモチーフのひとつで、7/17からの響展で出展する作品です。

ハワイでは"Honu(ホヌ)"といい、幸運を運んでくれるといわれ「海の守り神」とされています。
是非、ウミガメTシャツで縁起をかついでみてはどうでしょう。
  1. 2014-07-09 / Category
  2.   作品 / 魚・海の生物     
| Home | Next ≫




Tei Kobashi

Tei Kobashi
衣を通して心のつぼみに「花」が咲くような想いになれたら。「音」が響き渡るように伝わることができたら。人肌そしてハートに近い「T-shirt」。肌感覚で身にまとって「Living」。世界でたった一つの大切な個性があるからこそ、自分だけのオリジナルで生活を楽しく優雅にできることを願って。

List






Instagram Facebook Facebook X Youtube  



Login