Official Site 花 音 日 和 
大阪キタ中崎町にあります、絵師Tei Kobashiの手描きTシャツShopとGallery "花音 hanane t-shirt living" から最新情報をお届けします。

ご縁に感謝!

あたらしい野生の地


先日、いつもお世話になっているお客様からのご紹介で、
仙台から遠路遥々Tシャツをオーダーしに来てくださった方がいて、
その情熱に驚きで嬉しかったことがありました。

話をしていると、つちびと可南さんの展示会に行かれたこともあり、
私が東京でお世話になったキミドリ.さんのお店のこともよくご存じで、
食を含めて好きなものの感性はめぐり合って共通しているんだなぁと思いました。
そして、その方のお勧めの映画、これは絶対に観なくてはという衝動にかられ、
「あたらしい野生の地 リワイルディング」を観てきました。

オランダで干拓事業の失敗で放置された人工の土地が、45年で自然は新しく野生の地を築きあげていた!
そこで営まれる生き物たちの一年を追ったドキュメンタリー映画で、
飢えや寒さなどで冬を越せずに死んでいくものたちがいれば、そこに命を救われるものがいて再び春が訪れる。
大規模な生態系の中で、すべてが無駄なく循環しているのだ。
言葉にしてしまうと簡単なのだけれど、それを広大なスケールで映像によって綴られていました。
これ以上は生きられないと悟り死に場所を探して死んでいく姿に涙しながら、
コニック(馬)が千頭もの群れをなして雄大な草原を駆け抜けるシーンは圧巻で、
驚異的な映像美と大スクリーンで観るのは感動でした。
おかしくなっている人間社会に考えさせられることと、力強く生きる生き物たちの姿に元気をもらいました。
行ってよかったです。

大阪は12/9まで十三のシアターセブンで上映してます。ご興味のある方は是非~!
http://rewilding.mejirofilms.com/





  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-12-01|
  2.   花音の背景  

生産終了のジャケット




オーダーで描きましたジャスミンの花。葉の部分は金の線のみで表し、花だけを白で引き立たせました。
以前、全体を金の線のみで描いたことはありましたが、今回初めての表現方法を試みてみました。
金のラインを取り入れてみるのもお勧めです!


このフード無しのジャケットは、裏起毛付きで暖かく、デザインも良くて気に入っていたのですが、
メーカーが在庫限りで生産をやめることになりました。
こちらで在庫が確認できます。すでにSサイズは在庫がありません。ご注文はお早目に!
http://www.united-athle.jp/ua/items/index/560901

そして、アメリカンアパレルが、この11月で日本から撤退することになり、
こちらでのフード無しのジャケットも入手出来なくなりました。残念です。

またどこかのメーカーがフード無しのジャケットを生産してくれることを願うばかりです。
現在、少量ですがキープしたものを、来年の新春新作展「はるはなね」で出展予定です。
今年の冬はこれで乗り越えます。
  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-11-29|
  2.   作品 / 草花-春夏  

花音での11月の催し

獣の数字 其の弐 2016

獣の数字 其の弐

以前、描かせてもらった蛸のレザーを身に纏う兒嶌さん。
すっきりと横一列に飾られた写真。
今回10点の作品が、それぞれと全体で”獣の数字”のストーリーをもたらせています。
そのためにも、とても見やすい展示となっています。

兒嶌さんの写真は、 バライタ印画紙にプリントされていて、
大変な技術と時間を必要とした扱いにくい高級印画紙だそうですが、
薬品を正しく使いさらに銀劣化を抑える薬品で最後に締めくくると、
室温温度管理がきっちりしている場所で飾れば100年単位で持つようです。
今回も全てそのような処理がされていて、ご購入頂いた方への兒嶌さんのこだわりが感じられます。


獣の数字 其の弐 2016 1119 (2)

モノトーンでありながら、とても深みのある幅広い色味、黒の綺麗さに感動です。
そして、質感、温度や湿度まで伝わってくるようなリアリティさ。
是非、兒嶌さんの世界をお楽しみください。

今回全てプリントのみで5,000円と大変お求めやすくなっています。
額装は別途相談となります。

是非、この機会お見逃しなく―。


兒嶌 秀憲 写真展


獣の数字 其の弐
兒嶌 秀憲 写真展

11/18 Sat.-12/4 Sun.
Open 11:00-19:00
Closed 11/24, 12/1 Thu.

大阪の帝塚山にある、Gallery LimeLightのオーナーであり
写真家の兒嶌 秀憲さんの写真展です。
2013年に花音で開催した”獣の数字”其の弐を開催します。

自然の摂理としての数学的な美、計算された表現においての美、そして、獣の世界とは。
皆様のお越しをお待ちしております。


  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-11-25|
  2.   Gallery   

花音での12月の催し

小さきものたち展


星いっぺい
小さきものたち展

12/10 Sat. 11 Sun. 12 Mon.
11:00-19:00

三重県伊賀市にある「かふぇギャラリー878」を営まれている、
造形作家の星いっぺいさんの作品展を、3日間の期間限定で花音で開催します。
陶や針金などで作られた表情豊かな”小さきものたち”が集まります。
どうぞお楽しみに!

【 針金どうぶつ園ワークショップ 】
針金でねこチャンなどを作ってみませんか・・・
材料、道具などはこちらで用意いたします。
時間内、随時1体500円で体験できます。
  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-11-25|
  2.   Gallery   

龍王大神

龍王大神


最近、過ごしやすい気候になったのもあり、朝30分ほどウォーキングを再び始めました。
普段見慣れている景色が、自転車だと見落としていたり、色んな小さな発見があったりして毎朝が新鮮です。
そして近所の大融寺の方にある、ここの龍王大神さんのイチョウの木も立派で見入ってしまいます。
花音店前の白龍大神さんといい、この辺りは龍神さんをあちらこちらで多く奉っているのが興味深いところです。
きっとこの土地を守ってくださっているのでしょう。
時々生活の速度を便利さとは別に落としてみると色々と有難味を感じます。
そんな今日この頃です―。
  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-11-22|
  2.   花音の背景  

散華

20161117.jpg


昨日は、花音の店は定休日で、法事があって神戸へ帰っていました。
お寺さんから散華(さんげ)と言われる、蓮の花びらを型どった綺麗な絵が描かれたものを頂きました。
お寺ではこれを供養の為に撒かれるようで、拾ってコレクションされる方も多いそうな。
最近では絵の無いものが増えているようですが、
20年ほど以前はこのような様々な絵が描かれていたそうです。

お寺さんの話によると、極楽浄土に行ったら何もしないのではなくて、
そこでは常に蓮の花びらが舞い落ちていて、それを拾っては色んな神様へ渡し続け、
困っている人の為に繋ぎ継がれているそうです。

私もいつか、これを誰かの為に手放すことが出来たら幸せです。
  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-11-18|
  2.   花音の背景  

花音での10-11月の催し



アキノイロドリ展、初日から沢山の方にお越し頂き
お陰様で盛況にて終了いたしました。
また来年も企画したく思っていますので宜しくお願いします。

クロージングパーティ、アキノイロドリ展「食欲の秋編」も楽しかったです!







持ち寄りの美味しい手料理とお酒。
写真はごく一部で、それにしても皆さんよく食べてよく飲むこと。
また来年へ笑って繋げていきたく思いました。
ありがとうございました。




アキノイロドリ展

初日からお蔭さまで盛況なスタートとなり、”JUNOCASOAP”の花井さんが
ディスプレイ用に、ソープで使っているハーブを持ってきてくださり、
会場はとても癒されるいい香りに包まれています。


アキノイロドリ展

神奈川県在住の”梅田 宜宏”さんのレザー根付です。
江戸時代の大田垣蓮月さんの和歌と風情ある景色がレザーにデザインされ、
裏には江戸時代の寛永通宝がはめ込まれています。
根付として使うだけでなく、アクセサリーとして鞄につけたり、紐を通してペンダントとしても使えます。
落ち着いた色合いの和な感じが粋です。


アキノイロドリ展

”URUMI”さんのカシュー塗りのアクセサリーと小物です。
紙でデザインしたものに、カシュー塗りをして落ち着いた独特の表情を出しています。
カシュー塗りは、カシューナッツの実の殻から抽出されるオイルを使った、
光沢、塗膜や性能も漆とほとんど変わらない、高樹脂分を持った樹脂塗料です。
紙で出来ているのでとても軽く、首への負担が少ないのも魅力です。
http://urumicashew.jimdo.com/


アキノイロドリ展

アキノイロドリ展

アキノイロドリ展 201610 (10)

シルバーアクセサリーの”があこ”さんと、とんぼ玉とのコラボユニットの”むーちーぐー”さんのアクセサリーです。
年々、繊細さがグレードアップされていて、編み紐もいい感じです。
ドングリは人気で色も綺麗で可愛いです。


アキノイロドリ展

ドイツ在住の”くーにゅ”さんの樹脂粘土で作られた小さくて可愛い動物のまち針です。
ドイツの蚤の市で見つけたマドレーヌなどのお菓子の型を利用したピンクッションは、キノコのまち針とセットになっています。
この小さな世界観が素敵です。
http://ameblo.jp/naorinkun/


アキノイロドリ展

針金作家の”Hiroyuki”さんは、スポーツの秋ということで自転車と落ち葉を針金で。
とても細かい作業に驚きです。自転車のサドル部分は、メモ用紙やポストカード立てにもなります。


アキノイロドリ展

アキノイロドリ展

”ぷち*ぽわ”さんの刺繍のブローチ。
白と黒で表したデザインした刺し子は、和洋どちらでも使えそうです。
ぷち*ぽわさんは、昭和町にあります昭南ビルでお店をされていて
教室もされているだけに、フラワーアレンジは流石です。
http://putipowa.com/


アキノイロドリ展

季節によって様々な石鹸を作られている”JUNOCASOAP”さんは、
安全で安心な素材へのこだわりだけでなく、その素材が生まれる土地と人とのつながりを
大切にして作られていて、洗い心地と風合いの良さが魅力です。
今回、秋の石鹸に加えて、2016年新搾りで香り高い五島椿オイルを出してくださっています。
中でも「月桃の花」や「ローズアルガン」の石鹸は、乾燥肌向きのレシピにしてあるそうです。
椿オイルのテスターもありますので、お試し頂けます。
冬の乾燥肌に効果的でおすすめです。
ネットでもお求め出来ますが、是非この機会に香りなども楽しんで頂けたらと思います。
http://www.junocasoap.com/f_junoca.html

是非、様々な秋をお楽しみください。
皆さまのお越しをお待ちしております―。





アキノイロドリ展 2016


ア キ ノ イ ロ ド リ 展

10/29 Sat.-11/13 Sun.
Open 11:00-19:00  
Closed 11/10 Thu.  

今年で6年目を迎えます、秋をテーマとした作品展「アキノイロドリ展」。
レギュラーメンバーの"があこ"さんとコラボユニットの"むーちーぐー"さんをはじめ、
昨年参加してくださった、"ぷち*ぽわ"さんと"JUNOCASOAP"さん、そしてドイツのベルリンから"くーにゅ "さんも。
今回はさらに新たに、”梅田 宜宏”さん"URUMI"さん"Hiroyuki"さんを迎えて、8名の作家さんが秋を彩ります。
花音からも秋の新作を発表いたしますので、是非合わせてお楽しみください。
皆様のお越しをお待ちしております!

・梅田 宜宏 / レザー根付
・URUMI / カシュー塗り
・があこ / シルバーアクセサリー
・くーにゅ / 樹脂粘土
・Hiroyuki / 立体針金
・ぷち*ぽわ / 刺繍 & お花雑貨
・むーちーぐー / とんぼ玉指輪
・JUNOCASOAP / ハンドメイドソープ

  1. 【 手描きTシャツ Shop & Gallery/花音 hanane t-shirt living 】  2016-11-14|
  2.   Gallery   
| Home | Next ≫

Click for Osaka, Japan Forecast


The moon ege 2012
   

Information


Tei Kobashi Artist / Owner
作品を通じて、心のつぼみに「花」が咲くような想いになれたら、「音」が広がり響くように伝わることができたら。人肌、そしてハートに近い「T-Shirt」。肌感覚で感じ合って「living」。生活を楽しく優雅にできることを願って-。


【 花 音 hanane t-shirt living 】
〒530-0015 大阪市北区中崎西1丁目-9-6
Tel. 06-4802-8488
営業時間  11:00-19:00
木曜日定休 (祝日木曜日は営業)

Information
Access Map
Contact

Categories



Links



Atelier Caramel
Ishikoroの染色日和
Kanan’s Gallery Tsuchibito
Gallery & Darkroom Lime Light
ギャラリーTAO
ぎゃらりいホンダ
鈴木 ようこ
ちいさなチカラ
Tei Kobashi Facebook
Tei Kobashi Twitter
ときのしずく堂
中屋のツボ
natsuko kagawa photography
Pipinera Kitchen
Bun Kalimba Official Site
丸山 茂樹
花音でつながる、みんなの力。
Junoca Soap



Login